離婚の危機はジスロマックで解消!原因を作ったクラミジア

クラミジアの治療に抗生物質

クラミジアは感染しても症状が出にくく、自身が感染している事に気づきにくい病気です。
感染に気付かず性交渉を重ね、知らぬうちにパートナーを感染させてしまうため、性病の中でも最も感染者が多いと言われています。
感染を防ぐ為、コンドームを装着するなどの予防が最も大事ですが、
もし実際に感染してしまったらどの薬がもっとも治療に適しているのか?

治療薬で有名な2種類の治療薬を比較していきたいと思います。

【ジスロマック】
アジスロマイシン水和物を成分とし、クラミジアの治療で最も多く処方されている抗生物質の一種です。
また、多くの感染症や炎症症状の治療にも使われており、感染症に伴う発熱、局部の腫れ、炎症などを改善する効果があります。

マクロライド系のジスロマックは、βラクタム系と呼ばれる抗生物質では滅菌することができない所謂「非定型」の菌(マイコプラズマなど)に対しても有効で、その強い作用に比べ、アレルギー症状や副作用が出にくいという特徴があります。

さらにこれまでの治療は服用回数が多く、長期的な治療が主流でしたがジスロマックは1回の服用で効果が1週間も持続し、服用を忘れるといったことがないのも特徴の一つです。

海外医薬品の通販サイトでは250mg、500mg、1000mgの販売が主流で、それぞれ5錠or6錠単位で販売されています。
価格面から見ても1700円~11000円程度で売られていることから、通院や処方代がかかる病院よりも比較的安価で購入できます。

【クラビット】
レボフロキサシン水和物を成分とし、こちらもクラミジアの治療に高い効果がある抗生物質の一種です。
クラビットは細菌のDNA複製を阻害する効果があり、菌の繁殖や分裂を防ぎ殺菌する効果があります。

また、抗菌力が強くセフィム、ペニシリン系の抗生物質にアレルギーがある方でも服用できる医薬品です。

海外医薬品の通販サイトでは250mg、500mg、1000mgの販売が主流で、それぞれ5錠単位で販売されています。
価格面から見ても1800円~5000円程度で売られていることから、クラビットも通院や処方代がかかる病院よりも比較的安価で購入できます。

このようにそれぞれの医薬品独自の特徴があります。
どの薬を飲めばいいか分からない─。そんな皆さんの参考になればと思います。